皮脂を抑えて浸透力アップ!毛穴から肌全体までカバーする化粧品

女の人

お肌のトラブルを無くす

レディ

敏感肌用の化粧品選びで重要な点は、保湿効果がある成分が配合されている事と、お肌に刺激を与えやすい成分が配合されてない事です。購入前に口コミサイトや人気ランキングサイトから情報を収集しておく事が重要です。また購入前にテスターで試しておく事も、敏感肌の人にとっては重要な行動です。

きれいに落としましょう

洗顔

クレンジング剤にはいくつかの種類があります。オイル・クリーム・ジェルなど、自分の肌に適したものを使用しましょう。クレンジングで大切なのは、決してゴシゴシとこすらないという点です。摩擦を少なくする為、クレンジング剤は多めに使いましょう。

強力な浸透成分

婦人

人工だから出来る事

お肌の美容に良い成分はたくさんあります。その中でも注目されているのが、ビタミンC誘導体です。一般的なビタミンCも美容効果はありますが、成分が不安定でもろい為お肌への浸透度はそれほど強くはありません。そこでお肌への浸透度を高める為に、人工的に改良を加えられたのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体の特徴は、浸透力があるだけでなくお肌に吸収されたのちにビタミンCに変化していく点にあります。またビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性といった性質があります。水溶性の特徴は即効性の高さが上げられます。毛穴から短時間でお肌へ浸透しますので、化粧水でよく使用されております。油溶性の特徴は、保湿効果を持続できる点が上げられます。こちらは、主にクリームで使用されております。

乾燥しやすい場合は

ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使用するに当たり、知っておきたい点があります。それは、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑制する効果がある為、乾燥しやすくなるという事です。皮脂を抑えることで毛穴づまりなどは防げますが、乾燥しすぎないよう保湿も行うと良いでしょう。お肌が乾燥しやすい人は、ビタミンC誘導体の濃度が低いタイプの化粧水を使用すると良いです。特に乾燥が気にならない人は、濃度が高めの化粧水でも問題ありません。自分の肌質に合わせて化粧水を選ぶように心がけましょう。また化粧水をより安心して購入する為に、事前にテスターなどで試しておく事も重要です。最近はインターネットでの購入が簡単になりましたが、ドラッグストアやデパートのコスメコーナーに行けば直接お試しが出来るという事も知っておきましょう。

肌の変化に注意

リップ

閉経が近づく40代は肌も衰えてきます。これは女性ホルモンの減少が原因です。肌の老化をくい止めるのはエイジングケア化粧品に切り替えることが大切で、エイジングケアで一番に考えたいのは乾燥対策です。保湿成分のセラミドは肌細胞の水分保持力が高く肌の内部まで潤すことから人気が高いです。